© 2023 イベント製作 Wix.com を使って作成されました

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

あゆみ

年に4回のオリジナル

​2006年09月に、「ならフォーク村」という名前で、作詞作曲を趣味とする仲間から音源を集め、それぞれのオリジナル曲の音源を一枚のCDに収めて、会報(歌詞コード帳)と一緒に参加者に配布するという活動を開始、Vol.1号からVol.32号まで8年間続け、その間集まったオリジナル楽曲は400曲以上に及び、これを元にライブ活動をすることになった仲間もいる。 会報表紙イラストはVol.6号までを仲間のみどさんが考案したイラストを使用し、Vol.7号からは八ヶ岳にお住いのイラストレーター石川ゴエさんが担当。

 

●LOVE YOUTHFULL PARK in ならフォーク村

現在も毎月、大阪難波リバープレイスで行われているチャリティーイベント

LOVE YOUTHFULL PARK (友人の竹本信幸主催)と「ならフォーク村」とのジョイントコンサートを、2010年05月04日当時橿原市内にあった「たこ焼き どやさ」「香味焼き餅 池田屋」の駐車スペースで開催、トラックの上をステージに真夏のような暑さの中、みんな楽しく盛り上げてくれました。

出演者:わたなべひろゆき そっさん 山川ヒトシ みどさん まえちゃん印

ゾロさん きりん Mon 福岡勇八 竹本信幸 ながたたかし

LOVE YOUTHFULL PARK のホームページ

http://loveyouthfulpark.p2.bindsite.jp/

年に1度の「フォーク村コンサート」をしよう。

2010年09月20日「第2回ならフォーク村コンサート」天理楽器「音蔵」にて

出演者:そっさん KADOY みどさん きりん 陽斗 まえちゃん印

H2 ながたたかし

2011年10月10日「第3回ならフォークコンサート」天理楽器「音蔵」にて

出演者:そっさん KADOYA みどさん ひろせまさゆき 植田英行

はまじら まえちゃん印 加瀬だいすけ 山川ヒトシ 万寿庵 H2 ながたたかし ゆはず憲 

2012年10月10日「第4回ならフォーク村コンサート」天理楽器「音蔵」にて

出演者:みどさん はまじら H2 植田英行 西島秀哉 KADOYA

まえちゃん印 どんどこ西井 きりん ながたたかし 真ちゃん和ちゃん

2013年11月04日「第5回ならフォーク村コンサート」こおりやま音楽祭

出演者:みどさん わたなべひろゆき まえちゃん印 万華鏡 KADOYA   菊岡広行 ひろせまさゆき MOTO きりん どんどこ西井 ながたたかし

2014年11月03日「第6回ならフォーク村コンサート」こおりやま音楽祭

出演者:ひろせまさゆき みどさん わたるーく KADOYA 菊岡広行          カルア MOTO ゆはず憲 わたなべひろゆき ながたたかし

●「ならフォーク村」解散

年に4回の作品集を作ることに徹するため、いつのまにか強制的に仲間を集めたり、楽曲提出の催促をしたりしている自分が嫌になったり、個々の音楽活動や仕事が忙しくなったりと様々な原因に対し、自分自身、このまま続けて行く事に何度も葛藤がありました。 そして勝手に8年目で解散してしまったことに対しての後ろめたさが、その後ずっと心の中に残っていました。

●チャリティーコンサートとして再活動

「せめてコンサートだけでもしようよ」そんな声もいただいてた事もありますが、本来、自分自身が描いてた漠然としたビジョンだが、音楽を通じてこの奈良の地に何かムーブメントを起こしたい・・・その焦点がぼやけていた事にも気づき、そして友達の竹本信幸主催のチャリティーイベントLOVEYOUTHFULL PARKと同じような動きを、奈良の地にも増幅させたい!という思いから、チャリティーコンサートの活動名として「ならフォーク村」を再活動させることにしました。 その第1回目が、2014年05月11日、第2回目2014年08月24日、いずれも道の駅宇陀路・大宇陀で実施することになりましたが、道の駅運営側の諸事情で開催できなくなり、他の場所を探しながら音楽活動をしているところに、現在の明日香村「ASUCOME」万葉展望広場利用の話が入って来ました。これには現在、自分のユニットの相方でもある勝氏の協力があってのことで、深く感謝しています。

●ロゴマーク完成!!

地元、奈良で活躍するイラストレーター「かと。」さんことカトウシンヤさんに、わがままばかり言って作っていただきました!!

イラストレーター「かと。」ホームページ

http://ameblo.jp/kat-atelier/

●注釈

障害のある方たちが作った詩に、メロディーをつけて、1975年奈良文化会館大ホールで行われコンサート、現在の「わたぼうし音楽祭」を築かれた当時の団体「奈良フォーク村」とは、全く関係ない集まりであることをここで記載させていただきます。

区別してもらうために、ひらがなで「ならフォーク村」と名付けています。

 

​  無断転用禁止